北欧仲間のNさんからアイリッシュハープの整備のご依頼をいただきました。シャーピングレバーがすべて取り外してあるハープにレバーを再度取り付けて、欠損している弦を補充してレギュレーション(音程調整)をします。

どうしてレバーを外してしまったのか?
レバーさえつければと思ってたら弦の巻きつけが逆です
レバーはみんな同じかと思ったら、幅広、幅狭の2種類がありました
順番に取り付けながらレギュレーション(音程合わせ)
作業台上ではできました
Showroomに持ってくると素敵に見えます
アイリッシュハープ三姉妹(左からEve, Limerick, 沙羅)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA