三重在住のプレイヤー様からのご依頼で、キムの修理をしました。

キムはタイのハンマーダルシマーで、構造もハンマーダルシマーとよく似ています。

【到着したキム(タイのハンマーダルシマー)】

依頼内容は、強く叩くと不協ノイズ(ザワザワ音)が発生するとのこと。

パッと見たところブリッジやピンに不具合がなさそうなので、ロゼッタを外して確認。

【ロゼッタを外したところ】

すると、内部にバリ、ヒゲが多数あり。弦を強く叩くとこのバリ、ヒゲがビビってノイズを発生させていたようです。

【明らかに未処理な様子】
【別の角度から】

キム内部の穴あけ跡が未処理のためこのようになっていました。

【見えないところもしっかり処理をしないと音に影響します】

原因がわかればあとは処置をするだけ。

【修理途中の様子】
【しっかりと調整します】

今回はバリとヒゲを落とすことで無事ノイズが出なくなるようになりました。

錆びた弦を磨き、切れた弦を張り直して補修完了。

また、演奏には直接関係ありませんが、キムの蓋にひび割れがあったためこちらも補修。

(一言想)
今までに3台のキムを修理しましたが、いずれも木がソフトなこと、乾燥が十分でないことなどから弦の圧力に負けてボディに狂いが生じていました。今回の楽器はそのへんはマシなようでしたが、製作時に穴あけ加工後の処理がなされていないということが不具合の原因となっていました。見えないところも丁寧にきちんとしないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA